MENU

名古屋のひつまぶしの名店おすすめ10選!高級店から安いお店まで厳選!

名古屋めしとして有名なひつまぶしを「名店で一度食べてみたい」という方は全国にいることでしょう。しかし、名古屋は多くの店がひつまぶし料理を取り扱っており、どの店に行くべきか迷ってしまいますね。

本来、ひつまぶしと一口にいっても、まったく同じ美味しさにはならず、お店独自の味が出てくるものです。その中の絶品のメニュー出すところを巡りたいのが、グルメや観光、出張などで名古屋を訪れる人の共通認識だと思います。

そこで、名古屋のひつまぶしを出す名店のおすすめ10選を紹介します。

目次

名古屋のひつまぶしが美味しい名店おすすめ10選!

さっそく、名店から順に名古屋のひつまぶしが美味しく食べられるお店を10店舗取り上げます。

あつた蓬莱軒

明治に創業して以来、140年続くひつまぶし発祥の店として有名なのが「あつた蓬莱軒」です。秘伝のタレを100年もの間継ぎ足し、良質なうなぎを熟練の技で焼くことで美味しいひつまぶしを提供しています。

外はサクッと炭火で焼かれており、なかはふわっと柔らかい。薬味や茶漬けなど3種類ある食べ方をそれぞれ楽しめるため、ボリュームがあっても最後まで飽きずに食べられるのが魅力でしょう。

店内は外観のイメージと同じ和風テイストな料亭の趣に、座席から見える庭園も心を落ち着かせます。座席・内装は全体的に和の食事処といった風情があります。店員も品性を感じさせる落ち着いた雰囲気があるでしょう。

住所:愛知県名古屋市熱田区神戸町503番地
(本店/神宮店/松坂屋店/松坂屋地下店など)
営業時間:11:30~(ラストオーダー)14:00、16:30~(ラストオーダー)20:30
定休日:毎週水曜日・第2、第4木曜日
電話番号:052-671-8686
駐車場:あり(40台)
テイクアウト:あり
公式HP:あつた蓬莱軒

ひつまぶし備長

備長炭でじっくり焼いたうなぎを使い名古屋名物ひつまぶしを提供するお店が「ひつまぶし備長」です。蒸さずに「地焼き」による特殊な方法で焼き上げることで醤油とみりんが美味しさを引き立て、外はパリッと中は柔らかくふわとろな旨味を濃縮しています。

インターネットからも予約を受け付けており、家族や宴会の大人数にまで対応している十分なキャパシティの設備が特徴です。

量は少なめに見えますが、メニューを変えることで量の調節が可能です。通常のひつまぶしメニューでも十分お腹いっぱいになるので女性は特に1杯で十分満足できます。

店内は座敷とテーブルがあり、座席では庭園も見えるなど本格的な日本料理店のような古風なインテリアです。店員は明るく爽やかでおもてなしの雰囲気があります。

住所:愛知県丹羽郡大口町下小口5-176-1
(ラシック店/エスカ店/大名古屋ビルヂング店/金シャチ横丁店)
営業時間:11:30~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:年中無休(お盆、年末年始休業あり)
電話番号:0587-96-0141
駐車場:あり(50台)
テイクアウト:あり
公式HP:ひつまぶし備長

しら河

創業から68年になる質の高いうなぎを使ったひつまぶしを食べられるお店が「しら河」です。ひつまぶしに最適なうなぎを厳選し、その時期に最高の食材として調理しています。

タレは数十年続く秘伝のタレで熟成の味わいが特徴です。米も粒の大きさや品質にこだわり、うなぎの割き(割く技術)や焼き加減の技をもってして、ひつまぶしを絶品に仕上げています。

サイドメニューも充実しており、お酒も飲めるので、その人の好みに合わせた食べ方ができるでしょう。

店内はウッド調で、圧倒的な和の空間として作り込まれており、伝統や風格を感じさせます。店員は真摯に丁寧な対応をするため、雰囲気もよく、快適に料理を食べることができます。

住所:愛知県名古屋市西区城西四丁目20-12
営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:年中無休
電話番号:052-589-1358
駐車場:あり(30台)
テイクアウト:あり
公式HP:しら河

うなぎのしろむら

三河一色産のうなぎを焼いた上質なひつまぶしを提供しているお店が「うなぎのしろむら」です。ここで使う「活うなぎ」は、脂の乗った身を持つため、ひつまぶしにして美味しく食すことができます。

炭火で丁寧にじっくりと焼き上げ、「和三盆」という砂糖を使用した伝統のタレをかけます。ごはんは、ひつまぶしと相性の良い品種を使用しているため、タレとうなぎの調和も絶妙です。

タレは濃すぎず、うなぎの厚いサイズの身にも合い、卵黄やとろろなどの独特なトッピングをアクセントとして、さらなる美味しさになるでしょう。

店内は明るい和風のインテリアで心が休まります。店員は接客も丁寧で礼儀正しく、居心地の良い雰囲気を感じられます。ちなみに、ギフトとして伊勢神宮の外宮に奉納したうなぎの蒲焼きも箱詰めで販売されています。

住所:愛知県名古屋市東区泉1丁目18番41号
(浄心本店/春日井店など)
営業時間:昼10:30~15:00迄(ラストオーダー14:00)、平日・土曜 夜17:00~22:00迄 (ラストオーダー21:00)、日曜・祝日 夜17:00~20:00迄 (ラストオーダー19:00)
定休日:不定休
電話番号:052-971-3122
駐車場:あり(近場にコインパーキングあり)
テイクアウト:あり
公式HP:うなぎのしろむら

稲生

脂の乗ったうなぎに外はパリッと香ばしい食感がある、甘辛タレが人気のひつまぶし専門店が「稲生」です。試行錯誤を繰り返し、グルメ通にも満足できるような少し辛めのタレにすることで、誰もが美味しいといわずにはいられない、そんなひつまぶしを目指しているのが特徴です。

安価でありながらこれだけ美味しいひつまぶしを食べられるお店は珍しく、ごはんの大盛りも無料のため、たくさん食べる人でもお腹が膨れるでしょう。

出汁は特に旨味を凝縮しており、ご飯と一緒に食べるのが好評となっています。店内は和風なモダンの内装をしており、落ち着ける空間です。店員は接客が丁寧かつ笑顔があって明るい雰囲気でしょう。

住所:愛知県名古屋市中村区椿町6番9号先 エスカ地下街
(エスカ店/一号線豊明前後店/ジャズドリーム長島店など)
営業時間:11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:エスカ休業日(1月1日元旦、2月第3木曜日、9月第2木曜日)
電話番号:052-453-1216
駐車場:エスカ内駐車場あり(「御飲食代」3000円以上で1時間サービス)
テイクアウト:あり
公式HP:稲生

うな善

さまざまな蒲焼きのスタイルが楽しめて、大判の柔らかいうなぎをのせたひつまぶしのお店が「うな善」です。蒸してじっくりと火の通したうなぎは食感が柔らかく、薬味やお茶との相性も抜群です。

大判にもかかわらず小骨は気になりません。メニューは基本的に量よりも質を重視しており、もっと注文したいと思わせるほど美味しく、男性には量が少ないと錯覚させるなど、「まだまだ食べられる」とやみつきになります。

店内はきれいにしてあり、和風チックでありながら情緒ある色合いのインテリアを使った演出があり、全体的に落ち着きます。店員は対応に優れており、丁寧な雰囲気です。

住所:愛知県名古屋市中村区名駅南1-17-26
営業時間:【火曜日~土曜日・祝前日】ランチ 11:30~14:00(ラストオーダー14:00)、ディナー 16:30~22:30(ラストオーダー21:30)、【日曜日・祝日】ランチ 11:30~14:00(ラストオーダー14:00)、ディナー 16:30~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:月曜日、年末年始(12/31~1/4)、お盆(3日間)、ゴールデンウィーク(3日間)
電話番号:052-551-5235
駐車場:原パークの駐車場あり(有料300台。飲食5000円以上で1時間分、2万円以上で2時間分の駐車券贈呈、別途利用料の負担あり)
テイクアウト:あり
公式HP:うな善

まるや本店

環境や水にまで配慮して飼育したうなぎを秘伝のタレで味わえるひつまぶしのお店が「まるや本店」です。秘伝のタレは継ぎ足して160年変わらない製法で作られており、うなぎは自社工場の直送した生きがよく、最高の味を維持しています。

うなぎはカリッと焼き上げており、地元以外の人には焦げているように感じる味も、慣れていくとこれが名古屋の味とわかる美味しさです。さらに、米はマイスターが独自ブレンドしたひつまぶしにあう精米を使用しています。

店内には個室があり、色彩やインテリアが独特できれいな印象を与えます。ゆったり安心できる場所となっています。店員も対応がよく、かなりしっかりした好感の持てる雰囲気です。

住所:愛知県名古屋市天白区植田西3-1212 サンスカイル植田1F
(天白本店/名駅店/日進香久山店など)
営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:無休
電話番号:052-847-2008
駐車場:あり(35台)
テイクアウト:あり
公式HP:まるや本店

うなぎ蓬春

「あつた蓬莱軒」よりのれん分けしたひつまぶしの専門店が「うなぎ蓬春」です。上質なうなぎと名古屋で知名度の高いお店より培った技術を有するのが魅力です。

メニューには大盛りや小など食べられる量に合わせた注文ができ、薬味やお吸い物漬物が付く内容となっています。タレはオリジナルとなっており、甘辛のバランスを調整しています。

濃いタレがうなぎやごはんと食べることで甘すぎない味も絶品でしょう。外はカリッと中は柔らかい、名古屋のひつまぶしを代表するといっても過言ではありません。

店内は高級感のあるモダンな造りで、障子など所々に和を取り入れた空間を構築しています。店員は周囲の環境に馴染む落ち着いた雰囲気です。

住所:愛知県北名古屋市九之坪宮浦76-1
営業時間:昼 11:30~14:30 (ラストオーダー13:30)、夜 17:00~21:30 (ラストオーダー20:30)
定休日:水曜日、第2・4火曜日
電話番号:0568-68-6004
駐車場:あり(店舗前2台/第一駐車場7台/第二駐車場8台、近隣にも2箇所の駐車場あり)
テイクアウト:あり
公式HP:うなぎ蓬春

鰻 とみた

「ひつまぶし好きのためのひつまぶし」のお店として有名なうなぎ専門店が「鰻 とみた」です。ひつまぶしとしてうなぎが切り分けられており、うなぎの皮はパリッとした食感に、内側はふわふわで柔らかいのが魅力です。

人気店で多少混んでいても待って食べたいと思わせるほどの美味しさが多くの人を虜にしています。うなぎが苦手な人でも「これなら食べられる」という声もあるほどです。少し焦げがあるような味も名古屋名物としての特徴でしょう。

店内はきれいで本格的なお寿司屋のような和のテイストにカウンター席が用意されています。店員は元気でどこか活気のある雰囲気があり、声もハキハキしています。

住所:愛知県名古屋市昭和区菊園町3-19-1 花園ビル 1F
営業時間:11:30~14:00、17:00~20:30
定休日:金曜日
電話番号:052-853-0386
駐車場:あり
テイクアウト:-
参考URL:鰻 とみた

うな富士

歴史は短くてもミシュランや食べログ百名店に選ばれ、ライバルの多い愛知県で高い評価を得ているうなぎ料理の名店が「うな富士」です。ひつまぶしに使ううなぎは、普通のものではなく、「青うなぎ」という大きな品種を厳選しています。

独自に仕入れたうなぎは、1000度以上の蒸さない「地焼き」でこんがり焼き上げ、旨味を内部に閉じ込めています。それを創業から門外不出で継ぎ足し続けてきたタレと一緒に提供し、贅沢な美味しさを味わえるのです。

メニューには通常のひつまぶしだけでなく、肝を盛り付けた「肝入りひつまぶし」もあります。コリッとした食感と薬味の風味が美味しさを際立たせるでしょう。

店内は広くはないですが、空間の開けた席や個々のスペースが区画で仕切られている席もあり、落ち着いて食べられます。店員も接客が丁寧で心安らぐでしょう。

住所:名古屋市昭和区白金1-1-4 プレザント白金1F
営業時間:ランチ 11:00~14:00(L.O. 14:00)、ディナー 17:00~21:00(L.O. 20:00)
定休日:12月31日、1月1日
電話番号:052-881-0067
駐車場:あり(20台、離れた場所に用意)
テイクアウト:あり
公式HP:うな富士

まとめ

今回は名古屋のひつまぶしを提供している多くのお店から、名店として名高い高級店や独自色のあるお店までおすすめ10選を紹介しました。

特に人気の高い名店では創業からの歴史が長く、昔から改善を重ねてきた味が現代に受け継がれていることがわかります。

また、独自の秘伝タレを生み出して使用しているところがほとんどです。調理するうなぎも産地や養殖の環境、品種などの違いによって、同じひつまぶしメニューでもお店によって味や食感が全く異なるのです。

これから名古屋に行く予定あのある方や地元でもまだ足を運んだことのないという方は、以上の10選を参考に、自分の舌にあった名店を見つけましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる